読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

説明とか色々

Part01と題して記事を投げさせていただきました。内容は見ての通り小説です。

こいつが割とずっと前から言っていた執筆中の作品ってやつです。ただし、今あるデータはゲームにするつもりで書いていたもので、そのままのテキストだとちょっと小説にはできないものです。

そこで、ゲームにするつもりだったけど小説にするために書き直すことにしました。

とはいえしかし、話が長すぎて全部完成するまでにどれだけかかるのかわからないので、ある程度の区切りで(今回のはIntroということで短いですが)こちらのブログに投稿していくつもりです。

まあ自己満で書いていることが楽しいというとそうなんですが、読んでくれたり自分の世界について喋れたりしたらそれも楽しいと思っているので、偶然私の筆が進んだりしたときには少し構ってくれると嬉しいなあなんて思ったりします。

 

一応作品の紹介を雑にすると、

  • 茜色に染まった青春

がコンセプトになっていて、その中身としては

  1. 恋愛
  2. 友情
  3. 儚さ

があったりします。

ちなみに発生するイベントは私生活で"こんなシチュいいな"とか思ったりした要素を入れてますので、序盤はまだしも中盤から終盤にかけては執筆中の私生活次第では変動しますので、自分でも全く先が読めません。

実際、このシナリオに出会ってからはや二年以上ですが、その間で二度ほど白紙にしてますし、プロットも数えられないほどいじってます。自己満だとというのは、裏返すと読み手のことを考えていないということでもあるので、もしかするとそういうところは不満になるかもしれません。その時は本屋に出かけると幸せになれると思います。

ついでにいうと執筆ペースは死ぬほど遅いです。その上今後も忙しくなる予定がありますし、ゲームに取り憑かれてしまうかもしれませんので、そのあたりはご了承ください。(応援くれたらペース上がるのは事実ですが)

 

ヒロインちゃんがとっっっても可愛いです。ビジュアル面だけで見ると一般的には普通の部類かも(私の可愛いは周囲とずれることが多くてですね)しれませんが、考え方だったり仕草だったり、そんな全部がかわいくて大好きです。

そんなことで不意にはじめました。一応設定資料もありますが、唯一"キャラクタービジュアル"はありません。単純に私が絵を描けないからです。ちなみにビジュアル設定は曖昧に作ってあります。(ビジュアル設定の変更に耐えてくれる方(超重要)、ご協力お待ちしています。報酬は要相談で……)

果たしてどんな世界が待っているのでしょうか。最後にこの作品に込めた想いだけ。

この作品のテーマは青春です。
ようやく決まりました。私が書きたかったのはなんなのかなって、ずっとわからなかったけど、でも見つかりました。
私が書きたいのは、一生で長くといられない青春を、一瞬の美を、一生懸命に生きて、喜怒哀楽を感じて、甘酸っぱくて真正面から見えないほどに眩しい恋をする──彼らなんだなって。
恋って凄いんですよ。なんだか私が私じゃなくなるようで、心が勝手に動いちゃうんですよ。
きっとそれも、青春だから感じれて、今じゃなきゃ味わえないんです。
私はいつまでもこんな青春を描けるわけじゃないです。今だから。
せめて彼らに青春を──