台湾MSI旅行記 Day1

はじめましての方ははじめまして、お久しぶりの方はお久しぶりです。Marcoです。

今回は台湾で開催されるKnockout Stageの、準決勝二日目(G2vsSKT)と決勝戦の観戦のために台湾にやってきました。

今回の記事のメインは台湾旅行ではなく、MSI観戦に関する話と、ちょいちょい写真を乗っけたいというものになってます。よろしければ読んでいってください。

チケットについて

まずMSIの観戦に必要なのはチケットですが、チケットはアプリからQRを表示するだけでおkでした。日本語使えるスタッフがいたこともあってスムーズにいけましたし、このチケット持ってるんだけど場所どこ……みたいなことを各地にいるスタッフに聞いて、どうにか席にたどり着けました。

入場関係

入場時にはカバンの中の確認を行います。もし飲み物があった場合は安全か確認するためその場で一口飲んでもらうという仕組みです。フライトの都合で少し遅れて入場だったので、開始前に入場ゲートがどんな感じになっていたのかはちょっとわかりません。

会場内

思ったよりも簡素と言うか、てっきりWCSみたいな装飾とかあるかなーと思っていたら何もありませんでした。物販は飲食物だけ確認できました。グッズとかほしかったんだけど売ってなかったです。試合前ならもしかするとあるんですかね……(正直ありそうな気配がない、他の観客も持っている感じがないので売ってない気がします)

ホール内

ホール内は大きなビジョンが3つ若干高めに、前向きと両サイド側向き(90度で配置しているわけではなく、少し角度をつける程度)に付いています。その下にはDragonやBaronの取得演出をするためのモニターがあり、両チームサイドにチャンピオンを並べるモニターがありました。私は二階の手前側だったので、おそらく一階席の方は相当首が痛かったはずです。選手を見たいならともかく、案外試合をしっかり見たいなら低ランクな席のほうがいいのかもしれないですね。

写真(注意:試合結果に関わるものがあります)

f:id:Marco3jp:20190518231831j:plain

終了前の会場の様子

f:id:Marco3jp:20190518232004j:plain

終了後の会場の様子

f:id:Marco3jp:20190518232107j:plain

ヒーローインタビューの様子

f:id:Marco3jp:20190518232141j:plain

入場時につけられたスタンプ

学習曲線は大事という話

そうなんだ桃山

以前より学習曲線という言葉が気に入っています。これは主にLeague of Legendsのバランス調整周りで公式的に使われていたことで知りました。他の用法はさておき、LoLにおいては『あるキャラクターを使った回数と勝率』を曲線で表すものです。ちなみに用法としては、その上昇率などをキャラクターの調整の参考にしているようです。

話は少し飛んで、1万時間の訓練という文章をご存知でしょうか。その中で以下のような節が出てきます。

現在の能力を少し越える課題に取り組むことが重要である。

学習曲線というのは連続した線でなければならず、今のパフォーマンスに対して10倍のパフォーマンスを目指しても曲線が分離するわけではないのです。

何が言いたいのか

PHP初めて書く+第二言語の初取得というのに、APIを作る+フレームワークに乗る+パッケージ管理マネージャーを使うという0から50を目指すのはやめろという戒め。でも作りたいものがあるので作るけど、結構メンタル的にきびし〜〜ってなってる。

以前から悩みのひとつとして、"ものが作りたいvs学び"の結論が出てないというのもある。私としては"作りたいものを作る"というのが一番なのは確かなんだけど、作りたいものを作ってれば生きていけるわけじゃないし、だったら新しい学びに取り組まないといけないのかなって予防線がある。

怪文書

そういう意味では最近仕様書を書く機会があったりしたのも、確かにものを作るのには必要だけどつらい……この工程ってなんかめんどくさいよなぁ人間ってコンパイラでしかないのか……みたいな、こう、自然言語プログラミング言語の中間業者する虚無はいかがですか……ここが/dev/nullですか……? みたいな。結構色々と学ぶことも思うこともあったのでマイナスではないんだけど、それがしたいかって言われるとんなこたぁねえよってなるし、今思ったのは自然言語の設計が悪いのが元凶じゃん、は? なんなんだよ。キレそう(キレてる)。テンションマックスリラックス〜。

そろそろ落ち着け

わかったダヴィンチ……。それはそうと、キンプリのせいでTRFの曲を聴いてる。masqueradeが以前にもまして好きになった。avexさん、頼むからよぉ……キンプリのソロCDはハイレゾ版もくれよぉ……96kHz/24bitで頼むよぉ……。

それはそうと(2回目)

最近あろみか、南委員長らぁら、すずまりが気になってる。南委員長のアンダーリム最高すぎて無理……。

【ネタバレ】キンプリ四章の違和感

そもそも、これまでのキンプリは"想いで超える"ってスタイルだったんだけど、今回"想いで傷つける"という禁じ手を行った結果、シンにできることは(謝るという)形で伝えるしか方法がなかった。

そんな禁じ手すらも使っているのに、なんで菱田監督は赦すことを許容したんだろう。

赦す人もいるかもしれないけど、誰もが赦すわけじゃない。確かにプリズムショーで誰もを笑顔にしたいのはわかる、わかるけど、謝るという形で傷ついた人だれしもが許してくれるなんて世界は間違っている。

いやまあ、禁じ手を使いやがったのはシャインってやつで、赦されるべきはシンなので合理的と言えば合理的だけど、でも非論理的だし、シンにはとても申し訳ないけどここで赦されるのはおかしいよ。会場どころかスクリーンの前でシャインに傷つけられた人間がいるだろうに。

あのときのシンは、どこか一人でも悲しむ人がいたならステージから降りただろうし、ステージにもう上がれなくなっていたかもしれない。それをプリズムの煌めきではなく、赦すことの強要で解決した。なんでなんだ。

あー。いや書いてて、会場の人間はこれはシャインじゃなくてシンだって、なんとなくわかったという解釈も浮かんできた。さっきとは違う、危険な存在ではないと認知した。うーん……ちょっと無理がないかなぁ。

余談

この記事自体はTwitterに流れてきた他の方の記事に触発されて書いたんですが、キンプリ歴の短い私にとっては以下に同意できていません。

プリズムショーはみんなを笑顔にするもの

"プリズムショーでみんなを笑顔にしたい"のは、それそれのスタァの想いであり、それを実現するために努力をしていて、結果としてプリズムショーでみんなを笑顔にできている、ということだと解釈しています。

どこかで言及されていたら申し訳ないんですが、監督自身が"プリズムショーでみんなを笑顔にしたい"と考えていると断言できません。同様に、このプリティーシリーズのすべての存在が"プリズムショーでみんなを笑顔にしたい"と考えていると断言できません。

と書いたものの、何もかも根拠が無いので申し訳なくなってきた。はわわ~すみません~。

【ネタバレ注意】キンプリ四章の話

断言調を含みますが誤りは否定出来ないので、もし誤りを一切読みたくない方はブラウザバック推奨。本格的に追っているわけじゃないので、そういう人の話は読みたくないという方もブラウザバック推奨。正しいことを正しく伝えられる人には読んでほしいし、もしよかったら間違っている部分を指摘してほしい(微妙な解釈違いはちょっと困るけど、そもそも描写の存在有無とか明らかな根拠があるレベルで解釈がおかしいとかはありがたいです)。

菱田監督はプリティーシリーズの原案ではないので流石にないと思いたいんだけど、キンプリ4章のことを考えてしまうとプリズムワールドとかプリパラ空間、プリズムの使者という存在からスターシステムパラレルワールド応援上映、入場特典、特典映像など……という公式設定・展開の全てに意味があるのではないかと勘ぐってしまう。

と先ほどGoogle Keepにメモったんですよね。一晩寝て、四章って何だったのか改めて考え直したらここにたどり着いた。菱田監督はすべての事象に意味をもたせるかもしれないという、仮説だけが残った。

昨晩寝るときに考えていたのは、すべての事象に意味を持たせた上で、全て明かさないかもしれないという恐怖。つまるところ、スッスッスという作品が終わってもまだたくさんの疑問が残る中、たとえ続編がこの先あり続けても常に何かの謎を遺し続けて、実はその謎はどこかの作品の明示的ではない形で明かしてたんですよ~~~だから作中で今後直接明言されることはありませーん、みたいなことも考えられるなって。

私自身は本格的にキンプリを追ってる立場ではないので舞台挨拶とか行ったことはないんですが、どうもTwitterを見ている限り公式非公開設定みたいなものが結構あるっぽいみたいな雰囲気を読んでいたりして、そんな中でTVシリーズの終わりがあの謎だらけって、割とスッスッスから入った人は???って感じになるよなーと。既存ファンであれば過去作の終わり方がどうだったかとか、他展開わかると思うんですけどね。

でもまあ、プリズムの煌めきを届けてくれる彼らを見るのはとても心が豊かになる。笑顔になれる。そういう意味ではShineのライブはすごい。私はマジかよって苦笑いをしつつ、あのライブはむしろ恐怖を覚えさせてきた。prideのときとは違う、刺すような怖さ。法月仁の言う"ステージで笑顔を絶やすな"という言葉を含めて考えると、演じる愛は存在しない愛よりも怖い存在なのかもしれない。他のみんなはそれぞれ存在する愛だし、法月仁の言うステージ上のスタイルは現実のアイドルと同じような"演じきった魅了"であって"愛を演じきる"ではない。

プリズムの煌めきっていう概念を届けてくれたプリズムの使者もとい菱田監督に感謝しています。これからも監督の作品が見たいので、できる限りの応援をさせていただきます。そして以前よりキンプリを応援してくれて、今、この時間にコンテンツが動いているという奇跡を起こしてくれた皆様に感謝します。

プリッカソン#7に参加しました

どうもMarcoです。本日はプリッカソンに参加してきたので、「詳しめな自己紹介・やったことの共有・忘備録」になってくれ~と願いを込めて記事を書いていきます。

作っているものについては結構あとのほうになるので、時間ないんだけど:anger:って方はToCから飛んでってください。

若干詳しめの自己紹介

現地ではプリティーリズムを昨年末から見始めた~みたいな話をしましたが、プリティーリズム以外も含めての自己紹介。

  • プログラミング歴1年半くらい、フロントエンドを趣味でやってる
  • 学生
  • 好きな話はDMF、アイドルという概念を描いた最高の物語であると思う
  • 高峰みおん、レオナ・ウェストがかわいい
  • 眼鏡スキー(ハーフリム主義)

他コンテンツを含めた自己紹介

  • League of Legendsってゲームがめちゃくちゃ好き
  • 文章書くのがとても好き(シナリオ書くのも好き)
  • I've Sound、堀江晶太、Ryoの曲がとても好き
  • 線が好き

その他好きなものを羅列したのが私のサイトにあります

ちょっとした悩み

あと、喋るの好きだけど人間関係は得意じゃないので好みの合う友達がほしいと思ってます。現状の最適解が、「自分が自分を大好きになればいい・自分に話す」なのをどうにかしたくて悩んでる。他人という、完全に知る・理解することのできない存在と相容れることがどうしてもうまくいかない。

今日のハイライト

朝寝坊

起きたら家出る予定時刻過ぎてたかからね。びっくりしたし申し訳なかった。

選挙寄った

私の応援しているCloud9というチームが負けた

League of Legendsというゲームのプロリーグなんですが、負けてしまいました。電車の中でマジで頭抱えてた。おかしな人だよ。

Get Over Dress-codeで死んでしまう

ここ最近この曲にどっぷりで、特に『どんな時間も勝利って瞬間に続いてるって信じている』って歌詞が最高に好きです。ほんとに頑張れる。コンテンツから元気をもらうって、ほんと最高の関係ですよね。

このあとは黙々と作業

大体ゲームのルール決めたりSlackのほうで相談させてもらったり、キャラクターとかステータス、スキル、スキルのタイプ(ドリブルとかシュートとか)とかをモデルクラス化してました。

成果物とかまとめ

作ろうとしたもの

プリズム式超次元サッカー(プリズムスリー)

ターン制ストラテジーゲームになる予定です。オーロラライジングvs最終回レベルのきらめきフューチャースターみたいな対決があったら面白そうだなとか。

今のところできたやつ

メモ代わりになっているドキュメント(pdf化しました)

github.com

package.jsonが若干ミスってて、そもそもbabel通してないのに依存に入ってたりします。直します。

制作上の小噺

環境構築周り

初めてフロントエンドの環境を自分で作りました。まあ他人が作ったのを見よう見まねでやったんですけど……。今回は「やってみなくちゃわからない」をテーマにしていたので、動いただけでも挑戦したことは間違いじゃなかったなと思いました。

あと開発環境はsystemd-nspawnというやつでdebianを用意してあります。設定書いてホストのディレクトリをBindしてあるので、特に考えることもなく仮想内から作業ディレクトリをnpm run startできます。

最近環境を立ててなかったのでsudoないことに焦りました、visudo叩いてなくて、sudoもなくて、そりゃ当たり前ですよね……。あとwheelも存在しないんですね。Linuxなんもわかりません。

コーディング

ここ最近、ずっとプロジェクトのほうでコードを書いていたので、思うがままにPRもなくコードをバシバシ書くのフリーダムだな~~~って楽しんでました。

まあまだロジックにたどり着く以前なんですけど、vue-routerを用いたシーンの管理とvuexとlocalStorageを用いた高耐久な構成が結構気に入ってます。今後の実装も楽しみ。

机の高さ

お貸ししていただいた手前申し訳ないところもあるんですが、テーブルがちょっと高くて姿勢が辛かったです……。背中・腰が微妙に痛いなぁと思ったりしてる。

まとめ

いろいろ出来てよかった。チャレンジするって大事ですね。こういう企画がなかったら多分やろう!って気にならなかっただろうと思う。今後も企画があれば是非参加したいです。

一方ツイートしたんですが、どうしても開発時間が増えれば喋る時間も減っちゃうから、技術ネタ・プリリズネタともに言いたいし聞きたかったなぁという残念な気持ちも少しあります。

現地でしか出来ない作業もあれば会話もあるわけで、じゃあどっちが優先なんだ!っていうのは難しいですね。情報交換したいなと思っている人は少し作業を早めに切り上げて1hくらい喋る時間に充てるとか、各々がやりたいようにできる仕組みを提供するのが妥当な案なのかなと思いました。(発表ももう少し工夫の余地がありそう?)

反省点・改善案・ボツネタはまた別の記事にたくさん書きます。そっちも読んでください。

最後になりますが、会場の手配や主催、設営を手伝ってくださっていた方々、様々なアイデアを形にしてプリズムの煌めきを降らせてくれた方々、本当にありがとうございました。これからは私もプリズムの煌めきを広められるようにがんばります。

そこそこ長かったけど読んでくださった方ありがとうございます!次の記事もよろしくね!(いつ書けるかちょっとわからないですがハッシュタグつけて投げます)

つらつらと私の脳内を綴ってみる

注意事項

おそらく普通であれば書かないような脳内のもの、感情とか書いてます。無理な人は読まないでください。書きたいことを、とりとめもなく、結論になることもなく、赴くままに書いています。ざっくり言えば壁打ち、吐き溜めです。内容としては人間関係、特に女性との関係とかそのあたりだと思います。自分で書いてて気持ち悪いなこいつってほんとに思う内容です。よほどの物好きじゃないなら時間の無駄なのでプリティーリズムをみてください。キンプリもおすすめです。

公開した理由は単純です。以下でも引用されますが、『相手の思っていることを言ってくれないとか、自分の言いたいことが言えないとか、そういうのが悩み』なので、言いたいことを言って、書きたいことを書いて伝えることにした。私はこうだから、こうする。

なので私に言いたいことがあれば是非言ってください。お願いします。気持ち悪いですねって思いでもいいです。どう思われていて、自分なりにどうするか?ってまた考えるので(できるだけ詳細に言ってくれると考えやすいので嬉しいです、罵られて喜んでいるわけではありません)。考えますが、それは私じゃないって思ったら反映されません。でもそれはその思いを否定したわけでもないです。言ってくれたら感謝します(なにも返せなくてすみません)。

ここ最近の思考(Twitterより)

クソみたいなとりとめもない散文

人としゃべるの楽しいし、自分の考え言ったり人の考え聞いたりするの楽しいんですよ。でも友達って呼べるような人はほんとにいない。

うーん、なんというかそういう問題なのかわからん。彼女がほしいなって感情、死ぬほど下品な表現をすれば女性の体そのものに対する欲な気もして、理性の中で求めている会話したいって思いとどっちが本当なのかよくわからない。

彼女欲しいしデートってやつしてみたいしいちゃいちゃしたい。心臓が爆発するようなあのドキドキを感じたい。ついでにいえばセックスしたい。うん。それはそうなんだよ。これも間違いなく自分の中の感情としてあるし、おそらく相当強いんだよ。

でもそれと同時に、今のまま友達も彼女もいないで生きていって、十年後、二十年後自分はどうなってしまうの?っていう不安がすごくある。でも上記したような感情を抱いているのは自覚しているので、仲良くしていくという過程は一体どちらのためなのか?という疑問の中にある。

根本的に性的な感情、欲ってものが悪い……いや悪いっていう感じじゃないんだけど、避けられる……うーん、嫌悪もしてなくて、失礼……というのとも違くて、いやそうだな、うん。下心を持っているというのがすごく失礼で悪い気になってしまって、うーん。なんかそういう話じゃないんだよね。

書いていくうちにわかったのは、こんなこと悩んでもお前と仲のいい女の子いないじゃん(完)だった。

でもこの下心を持っているというのを自覚している以上、今後たとえどれだけの女性と出会って会話をしても自分から身を引いてしまうだろうから、やっぱり考えないといけないんだろうなって気がする。やっぱこじらせてんなーって感じ。

このブログには書いてないんですけど、まあこじらせとしては"私が持つ『好き』という感情が好きという感情なのかわからない"という話もあります。少なくとも私の持つ『好き』は今でもあるけど、なんていうか付き合いたいとかそういうのじゃなくて、幸せになってほしいとか頑張っていてほしいとか、もうなんか、ただ私は願うだけの存在という感じなんですよね(このあたりで"頑張るということと応援するということ"という私の考え方の話も出てきます、外部に公開はしてないです)。:pray:って感じ。女神って存在だと当時冗談で思っていたら、本当にそんな事になってしまったんですよ。

この存在に対してまあ先述した下心がないかって言われるとないわけではないんですけど、でも間違いなくそうじゃないって言い切れるんですよ。そうなりたいけど、多分きっと相手にとって望むものではないんだろうし、その思いは閉じ込めておかなければならないって。

このあたりもまた難しくて、結局最初に言った『相手の思っていることを言ってくれないとか、自分の言いたいことが言えないとか、そういうのが悩み』と同じなんですよね。全てをさらけ出すということはやっぱり許されないものなんだろうってわかってるんですよ。わかっているけど、どうしてそれはコミュニケーションで解決できないんだろう?って。私はこう思っているんだけどどう?って、Rejectする?Acceptする?で終わりでいいじゃないですか。

やっぱり人間って可能性があると信じたくなるのかなーっていうすごく嫌なことも見えてくるんですよね。シュレディンガーの猫じゃないですけど、事象が見えてしまうそのときまで相手の心って不定じゃないですか。コミュニケーションしてしまうがゆえに確定してしまうなら、取らずに不定で居続けたほうがいいって考え。

これ関係が壊れることを恐れているってことなんですよね。怖いって感情がある。ざっくり言ってしまえばビビっているだけ。本当に先に進むならコミュニケーション取るしかないはずなのに。けど関係が壊れる・壊れないの先にもまた言いたいこと言えない・思ってくれることを言ってくれないってのが続くだろうし、なんなんだこのループって感じ。は?キレそう。(勝手にキレてろ)

言いたいこと言えないっていうのは相手に対する配慮のフリをしたビビリなんですかね。まあ総合的に言えばケースバイケースなんですけどね。元も子もない。

ええと話がどこに行ったかわからなくなった。あーそうそう。まあ私の持つ『好き』と好きがどうなんだろうって話ですね。でもなぁ、私の持つ『好き』も上記した中で下心は切り離すようにしていると書いたけど、デートしてみたいしいろいろ喋りたいこともあるってのはあるわけで、でもは~~~~~~~~~~結局なにも出来ないのは諦めたほうがいいんですかね……うーん……。この童貞、今すぐ首釣って死んだほうが楽になりそう

はい。なんか実際こんな無限ループみたいなものが頭の中で走ります。あとまあ最初の方に引用したんですけど、普通に人と会話したあとにそこから数日くらい無意識に思考が働いて反省会始めるんですよね。ツイートしたとおりなんですけど、会話の受け答えがどうだったか?とか、相手の反応ってあれどういう解釈したらいいのか?とか、もうなんか無限に考察・反省してるんですよ。それも意識してでもなくて、脳内で休んでるところがあるならそこを使うみたいなひどいことをしてくるんですよ。考えたくないなら常に脳100%にしておかないと勝手に100%まで考えやがるんですよ。

とりあえずなんか3600文字近く書いてしまったので一旦公開しましょうかね。なんか今後また脳内の様子を報告する機会があればその2とか作ります。この記事にある思考はすべて間違いなく私の脳内にあります。解釈などに誤りがあるかもしれませんが、とりあえず出力してみましたという具合です。

おつかれさまでした。

青春18きっぷ旅行 6, 7日目【旅の終わり】

ちょっと時間がなかったので6, 7日目の記事は帰ってきて神奈川にて書いております。楽しかったけど、ちょっと(肉体的にも精神的にも)疲れた旅でした。

二日間の活動

6日目

  • 京都駅で抹茶パフェとわらび餅、団子を食べて死にかける
  • 名古屋に向かう電車が遅延、どうにか行けた
  • 数年前に知り合った方と会う
  • アニメイトに行ったもののグラブルの頒布は(流石に遅くて)もうなかった
  • サイゼリヤ(実家?
  • 静岡に行く
  • ネカフェ泊

7日目

  • せっかくなので駿河屋本店に行く
  • とりあえず東京を目指し、秋葉原に吸われる
  • メロブに行く
  • 帰ってくる

ゆるゆる解説

抹茶パフェなど

多すぎた。食いたいと思ったものを食べるのはいい。いいけど量を考えろ。食べたいからって食えるように人間の体は作られてない。

電車の遅延

そこそこ遅延しててびっくりした。でも偶然遅延してた電車がちょうど来たので、実際待った時間は10分以内だったはず。ほんとよかった。

数年前に知り合った方と会う

楽しかった。一方いろいろと考えることも会ったので、あとで時間があれば私の悩み?を書いて公開できる内容なら公開します。

これまで悩みごとがあっても相談するということをしなかったので、誰かに相談するということに慣れておらず、結果として壁打ちみたいなことをするしかなくなってるんですよね。

あとはまあ根本的に友だちがいないという話とか、雑談って一体なんだろう?という話とか、趣味の合う・合わないってなに?という話とか、結論の出ない疑問をとりあえず書いてみる記事だと思います。

駿河

前日に調べたら家族計画のドラマCDとかあったので行くことにしました。

戦利品は家族計画のドラマCD、サウンドトラック、Today Is A Beautiful Dayの初回生産限定盤でした。

秋葉原で雨

ケバブ食ってたら雨が降ってきた。最初から最後まで雨に悩まされたの面白すぎる。

メロブ

戦利品は落ちない雨など。気になっていたので買えてよかった。表紙の雰囲気、読まれた方の感想的に山本直樹さんっぽいのかなと思っている。まだ読めてないけど読んだらTwitterのほうでざっくりツイートするかも。

帰宅

かえってきたよ~~~~

感想

つかれた。途中でも書いたけどいろいろ悩むところもあったし、正直今は不安という言葉で頭がいっぱいなんで、総合的な感想を書ける状態ではない。

あー、うん。とりあえず総合的な感想は落ち着いたら写真とともに投げます。この悩みについては今から新規記事を書きます。

もし読んでくださっていた方いたらありがとうございました。考え方とか文章とか、いつもの通りの雰囲気で書いてましたけどどうでしたでしょうか。感想とかあれば是非Twitterとかにお願いします:pray: